ラフ・コリー


「原産国」
イギリス


スコットランドの羊の顔と肢が黒かったのでコリー(アングロサクソン語で黒)と呼ばれており、牧羊犬も黒毛が主流だったことから「コリー・ドッグ」と呼ばれ、後に「コリー」になった

「理想サイズ」
肩の高さで  雄61cm 雌56cm


「噛み合せ」
シザーズバイト

「耳形」
セミプリックイアー(半直立耳)


「毛色」
セーブル&ホワイト
トライカラー
ブルーマール
※ セーブルマール、セーブルマール&ホワイトのものがいるが、展覧会において重大欠点となり、遺伝的疾患を伴う場合もあるので、繁殖には充分注意が必要である。血統書には、毛色の前に★印が印字される。


「眼」
ブルーマールのコリーは、ブルー系や大理石色の眼になることがある。これは、毛色のマール因子の影響によって起きる。




    
トライカラー              ブルーマール                 ホワイト


表紙に戻る

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー