イヌのお仕事

現在、世界中には350〜400種の犬種がいるといわれています。

何故、このように数多くの犬種が作出されたのかといえば、色々な仕事をさせる為で、それに見合った体型、性質、毛色、毛質などに世界中で改良・作出された結果だといえます。
又、イヌが様々な仕事をこなせたことと、どのような環境にも適応できたことが大きな要因でもあります。

ここでは、どのような仕事にイヌが使われているのか、又どのような犬種が使われていたのかを簡単にまとめてみました。
これを知ることにより各犬種の作出目的、本能、性質、飼育時の注意点などを考えることができると思います。
これからイヌを飼おうと思っている方にとって少しでも参考になれば嬉しいです。
尚、ここでは代表的なものだけを抜粋して載せてあり、多少個人的な考えで書かれている内容もありますのでご了承ください。

番犬 獣猟犬 鳥猟犬
2003/9/9更新
牧羊・牧畜犬
2003/9/9更新
ソリ犬 警察犬
盲導犬 聴導犬 介助犬
AAT&AAA
2002/7/20更新
軍用犬 闘犬
競争犬 税関犬 救助犬


Dog's Roomに戻る

表紙に戻る

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー