イヌの血統証明書

血統証明書とは、個々の畜犬団体で公認されている犬種の純粋性を証明する為のもので、人間の戸籍に相当します。

良く、血統書付きのイヌというと「良いイヌ」というイメージを持っている人が多いが、決して良いイヌの証明書ではありません。

 

「役割」

@ 記載されているイヌが公認犬種(純粋犬)であることの証明。

A 記載されている通りの血統を持つイヌであることの証明。

B 繁殖者(ブリーダー)にとっての、改良繁殖の資料及び指針。

 

「記載事項」(団体により若干異なる)

@   犬名  A 犬種名  B登録番号  C 性別  D 毛色  E 繁殖者名 F 所有者名 

G 譲受年月日  H 登録年月日 I 生年月日
 J 出産頭数及び性別 

K 登録頭数及び性別  L 一胎仔登録番号
 M 血統(一般的には3代まで)

N 訓練試験及びチャンピオン賞歴
 O 発行団体名及び管理責任者

                                                      など
 

「種類」

発行団体によっては、下記のように数種類に分けて発行しているものがある。

@   選定繁殖血統書(ピンク色の枠、もしくはピンク色)

 両親が種犬認定を受けているもの同士の繁殖。


A  
普通繁殖血統書(白色、もしくは薄いブルー)

 両親が種犬認定を受けていないもの同士、もしくは片方が受けてい  ないものの繁殖。


B  
警戒繁殖血統書(黄色)

極近親繁殖や早期繁殖(各団体が定めた年齢に達していないイヌを使用した場合)などで、注意を必要とする繁殖。


見本を見る
2000/7/1


Dog's Roomに戻る


表紙に戻る

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー