キースホンド(ジャーマン・ウルフ・スピッツ)


「原産国」
ドイツ
※ 改良国:オランダ

「犬種名の由来」
18世紀、オランダ紛争の際、愛国党の党首「ケース・ド・ギズラー」が愛育し、党のシンボルにしたことから命名。
一説には、オランダ語で噛むことを「ケーセン」と言い、番犬という意味から命名されたとも言われている。


「理想サイズ」
体高  雄雌共49cm±6cm
体重  雄雌共サイズにふさわしい体重


「噛み合せ」
シザーズバイト及び、レベルバイト許容


「毛色」
先端が黒いシルバーグレー
※ 眼にはスペクタクルズ(メガネ模様)がある




  

レッド


表紙に戻る

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー